読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝統芸能

世間に浮かれてる感が出てきて、GWだなって感じですが、ええ、特に予定はありません。神戸で働いている友人が帰ってくると言っていたのでそれを頼りにしているけど、彼が帰って来ないとなると少しぞっとします。帰ってきてね、S君。

さてさて、そんな感じですが、周りの友人が口をそろえて「今年のは良かった」と言うのと、平次と和葉のコンビが好きなので、十数年ぶりにコナンの映画を観に劇場まで足を運びました。前に観たのは僕の記憶が正しければ2003年公開の『迷宮の十字路』なので、正確には14年ぶりに劇場でコナンを観たことに。

そもそもコナンの映画はテレビで観るもので劇場で観るという習慣は僕にはなく(ここ数年はテレビですら観ていないが)、多分最後に観た『迷宮の十字路』も本当はクレヨンしんちゃんの映画が観たかったのだけれど、友人たちとの多数決に負けて仕方なく観たような気がする。

そんなコナンの映画だけれども、ひどく暇だったので土曜日の14時の回を目当てに家から数分の映画館に足を運ぶと、窓口がかつてないほど混んでいて、これは上映に間に合わないとその回は諦めて、ユニクロのセールでエアリズムとメタリカのTシャツを買い一旦帰宅。改めて16時半の回を目当てに行くと集団で並んでた子供たちの軍団がいなかったので今度は無事にチケットを買い、経営が心配になるほどガラガラの劇場に着席しました。

経営がやばいのか最寄りの映画館は他の劇場よりも予告が長いような気がして、今回も長々と予告を観せられました。夏に公開される子供向けの映画の予告の中に当然のごとくポケモンの映画もあり、今年のはテレビ版の最初のエピソードであるピカチューとの出会いをやるみたいで「あなたは知っていますか」という冒頭の言葉で自分の年齢が気づかされて辛い気持ちに…。ええ。私、リアルタイムでそれを視聴していた世代です。

 

予告が終わりコナンのやっと映画が始まる。内容については多くを書かないけど、OPのコナンが小さくなったくだりと「真実はいつも一つ」という例の決め台詞を数十年ぶりに劇場で聞いて少し鳥肌が。

劇場版のラストで毎回繰り広げられる、新一と蘭の「もう気持ち伝え合っちゃえよ!馬鹿野郎!」というやりとりが、今回は平次と和葉に置き換えられて繰り広げられるわけだけど、十数年経っても変わらぬ安定のやりとりに最高の安心感を持ってニヤニヤとさせていただきました。

ネットで、「観終わった後に観客は平次の女になる」という評判も聞いてて、わりかしそれを確かめにいった面が大きいわけだけど、本当でした…濡れた…ラストシーンだけもう一回観たい…

 

空白をつぶすみたいな形で観にいったコナンだったけど大満足でした。GWに観ていない旧作観ようかな。

出かける際に親戚のおばさんが来ていて『美女と野獣』観に行くの?と訊かれて、そういえば『美女と野獣』の公開も始まっていて、一時期予告を見て「観たいな」と思っていたけれど、今はなくて、それは結局誰かと『美女と野獣』を観るという行為がしたかったんだなと思いました。