読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダークプリンス

お会いして参りました。そう闇のカリスマ。マリリン・マンソン様に。

 

おそらくマリリン・マンソンが最も勢いのあったのは90年代後半からゼロ年代初頭で、最近のアルバムはいまいちだし、ライブ映像を観てもお腹はぷっくり、声はそんなに出ていないしで、正直もう全盛期を過ぎた人みたいな感じでここ数年は眺めてました。

今回観たのはノットフェスという音楽フェスで、lamb of godSlipknotをお目当てに参戦することにして、まぁ、せっかくだし10年前に入れ込んだマンソン様も観るかーという感じだったのですが、いやはや、マンソン様がベストアクトですよ!

 

ステージが二つあって、トリのSlipknotをアリーナで観るともみくちゃにされそうだったので、マンソン様側で「あー早くあの狼バンド終わらないかなー」と思いながら待機。

狼バンドが終わり、少し経って暗転。リアーナの「Bitch Better Have My Money」に合わせてマンソン様が登場。行く前は友人に「もう終わった人だけどなんだかんだ僕の青春だったから記念に観てくるわw」とか言ってましたが、すみませんマンソン様。あなたは真のカリスマです。スーパースターです。

確かにお腹はぽっこりしているし動きももっさりしているけど、声は出てる!シャウトもしっかりしてる!というかオーラがやばい。青春時代に僕をこじらせた名曲の嵐に当時のやさぐれた気持ちを思い出し、気づいたら歌い、ヘドバンをしていました。

ハイライトは赤い花で包まれたマイクスタンドで歌うバラード「Coma White」。正直メタル系のフェスでバラード歌われてもって感じなんだけど、この「Coma White」は良かった。マンソン様の醸し出す雰囲気と少しかすれた声と演奏、赤いマイクスタンドがすごく合っててCDで聴くより素晴らしかった。

 

なんだかんだ青春期に熱心に聴いた音楽は強いね。次はもっと長い時間で観たいのでフェスじゃなくて単独公演で謁見したいです。

あと高校時代にマンソン様の曲の「We Hate Love. We Love Hate.」って歌詞を英語の小テストのふちに書いて先生に突っ込まれ恥ずかしい思いをしたのは内緒です。