読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴダールはすごい(たぶん)

高校の先生と映画の話をするたびに「ゴダールはいい」というので、なんとなくゴダールはいいと思っている。なんとなくというのはゴダールの映画を観ると必ず途中でうとうとしてしまうし、なんとなくすごいものを観たという気がするのだが、本当にそう思って…

新春轟音祭り

ダイナソーJr.を観に行ってきました。 会場は名古屋のクアトロ。クアトロに来るのはCARCASS以来だけど、アクセスもいいし、ボトムラインとかよりも音もいい気がするので好きな会場です。 僕がクアトロに着いたのは開場して15分ほど経った頃で、すでに入って…

You Could Be Mine

大阪にガンズ・アンド・ローゼズを観に行ってきました。 ガンズは、まぁ聴くけどそこまで思い入れがあるわけではないのですが、アクセル、スラッシュ、ダフの三人がいるならせっかくだし観とくかということで大阪へ。ライブは土曜だったので有給も取らなくて…

僕の退化論

先日髪を切りに行って、美容師さんと年末はどう過ごしていたかという話になった。 新年らしい事といったらセールに行ったくらいで、その話をした後に、そういえば大晦日の深夜から小・中学校の友人とファミレスで集まってたわいもない話で初笑いをし、かれこ…

師走

来る。新年がやって来る。つまり「明けましておめでとうございます」が飛び交う。 でも僕は別段明けてめでたいとも思わないので、多分今年も「明けましておめでとうございます」とは言わない。「昨年はお世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。…

マヨネーズふたたび

「きょう、ママンが死んだ。」カミュ『異邦人』である。 「私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う。」吉本ばなな『キッチン』である。 「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」村上春樹『風の歌を聴け』であ…

短編

最近河出から文庫化された『過酷なるニーチェ』を買って、ちびちびと読んでるのですが、中島義道さんが僕が昔から不安に思ってる「自分が死んだ後でもこの世が続いていく虚無感」みたいなのを完全に文章化して感動しました。年内になにか長編小説読みたい…。…

つれづれ

今の時期は通学する大学生に高校生、当然通勤するサラリーマンがいて、朝の電車は混んでいる。大学生が休みに入る二月になると多少空くのであるが、とかく今は混んでいる。ただでさえ憂鬱な朝に満員電車に乗って、運悪く太った中年の近くになり、ぶよぶよの…

お祭り

先週の金曜日にMETALLICAが8年ぶりに新作アルバムを出した。サマソニだけでなく世界各地のフェスでトリを飾るそのバンドは、METAL界のみならずROCK界を代表するバンドと言っていいだろう。そんなビッグバンドの新作であるのだが、僕の中ではもはや期待とかは…

ダークプリンス

お会いして参りました。そう闇のカリスマ。マリリン・マンソン様に。 おそらくマリリン・マンソンが最も勢いのあったのは90年代後半からゼロ年代初頭で、最近のアルバムはいまいちだし、ライブ映像を観てもお腹はぷっくり、声はそんなに出ていないしで、正直…

ガソリン切れ・・・

いよいよこのブログも書くことがないのでよくわからない話をよくわからないまま書いて載せたいと思う。 ジャック・ラカンの本は読んだことがないけれども、ラカンの解説本は何冊か読んだことがあって、そこでは必ず「私の欲望とは他者の欲望である」という意…

天才の背中(あるいは体調不良によるお茶濁し)

買ってきました。『Number』武豊特集号。文芸誌以外の雑誌を買うなんて久しぶりだ。世の中には「天才」と称される人がいろいろといるけど、僕が天才と言われて最初に思いつくのはやっぱり武豊かな。「早熟の」という形容がつくとなぜか寺山修司が思い浮かぶ…

加齢とともに

年々涙腺が弱くなっている気がする。 学生の頃まではどんな映画やアニメを観ても、小説や漫画を読んでも感動はするが涙を流すことはなく、そういった作品でボロボロと泣ける人がなんとなく羨ましく、なんだかんだ泣けない自分は、本当はそんなにも感動してい…

BLぐらい観るわよ

先日『同級生』というアニメ映画を観た。劇場で予告として流れていたころから気になってはいたのだが、いわゆる女性向け(腐女子)作品だったのでなんとなく劇場までは足が向かず、気がついたら公開が終了していた。 先日ふと「そういえばそろそろレンタルが…

高等遊民

最近文庫化された石原千秋の『漱石入門』(河出文庫)を読んだ。紹介文曰く「六つのテーマ―「次男坊」「長男」「主婦」「自我」「神経衰弱」「セクシュアリティー」―」で漱石の小説を読み解いた本で、この本は初めて読んだのだが、長年の石原千秋の愛読者な…

出不精談義

先日、とある文章を読んでいて「出不精」という言葉に出会った。 そもそも僕が「出不精」という言葉に初めて出会ったのは小学生の頃で、ELTの持田香織がとある歌番組で「ワタシデブショウデ~」と言っているのを耳にし、「この人はテレビで何を言っているん…

昔話

先日高校の頃の先生と食事に行ってきた。卒業後もだいたい春休みと夏休みに食事会をしているのでかれこれ10年の付き合いになる。 担任ではないが3年間僕の現代文を担当した彼女は、僕の人生に大きな影響を与えた人で、僕が本を読むのも、たまによくわからな…

祭りのあと

どびんです。夏休みが終わりました。悲しいです。とほほ。 連休でも旅行に行かない僕(そもそも遠出するときは基本ライブ絡みなので連休はあまり関係ない)は、家でダラダラして寝るのは夜中、起きるのはお昼という昼夜逆転生活を送っておりました。 とはい…

夏である。

暑い。まったくもって夏である。 夏は、昔はあまり好きな季節ではなかったが、ここ数年は毎年BBQに誘っていただいて夏らしいことをして楽しいし、飲み会の帰りに涼みながら街を歩くのはなんとも心地よくて夏がわりと好きになった。 とはいえ夏が好きになった…

さらしあげ

みなさーんいたずらごころワクワクしてますかー。いたずら黒うさぎどびんです。田村ゆかりの新しい所属レーベルも決まり、ファンクラブイベントの開催も決定しいよいよゆかりん再始動ですね!さてさて最近はやたら疲れたので今回の更新は僕の本棚さらしでお…

世界一可愛いよ!

『クレヨンしんちゃん』は昔から好きで、アニメも観ていたしコミックもいつかのお年玉で当時出ている分を大人買いしたし、映画はテレビで放送されたら録画して何度も何度も観た。僕の年代的なことも相まって初期から名作と誉れ高い『クレヨンしんちゃん 嵐を…

たまにはベタをやる。

気づいたら2016年も半分が過ぎた。昨年と一昨年とも変化のない日々の繰り返しで、ただただ退化していくばかり。 振り返るようなこともないけれど書くこともないので2016年上半期を振り返ってみよう。 【2016年上半期楽しかったこと】 人生が楽しくなさすぎて…

意外とイケたクチ

学生時代は人文社会学部国際文化学科なるトコロにいたものだから同級生も女の子の方が断然多く、飲み会なんかは女子会に場違い的にオトコが数人いるみたいな感じだった。当然飲み会恒例の「とりあえずビール」などはなく「カシオレの人ー」って感じで僕の飲…

重なるときは重なるものです。

2016年も早半年を過ぎようとしているが、今年は年明け早々バドミントンに行った中学校の花壇で車を擦り修理代が5万円。2月中頃からパソコンの調子が悪くなり、4月に新しいのに買い直してそれが諸々込みで20万円。そして最近財布のファスナー付近がほつれてき…

おめでとう、と言えなくて

そりゃー僕だって歳をとったしその重要性とか効能とか潤滑油的役割だとかみんな所詮定型文的にやってるだけだとかわかってるんですがどうしても嫌いなんです。「挨拶」が。 職場の席がわりかし出入り口に近いからどうしても挨拶をする機会が多いはずなんです…

みんな大好き小休止

遠い。祝日が遠い。 社会人になって毎年思うのだが、GWから次の祝日の海の日までが遠すぎるのではないだろうか。日本政府にはなにかに理由をつけて6月の一週目か二週目に早々に祝日を設けてほしいものである。 そもそも人間は週4日労働をして、週3日休暇と…

「女子会」

50歳をこえた母親が、昔からのママ友との飲み会をわざわざ「女子会」というのがどうにも気になる。50歳をこえた人たちの飲み会を「女子会」て。普通に今日飲み会と言って出て行けばいいのにと思うが女性というものは結局そういうものなのだろう。 男であると…

いろいろあったので少しばかりの雑記

週末に結婚式に出席がてら山梨に一泊二日で行ってきた。 結果、月曜日から圧倒的な眠さで、午前中うとうとしながら仕事をしお昼にやっと半日かと思いながらTwitterを見てると「ハグ・ミィBiSH脱退」のTweetが。 「え???」と思いながらBiSH公式Twitterとハ…

後天的本好き。

なんというか最近本を読んでいない。もちろん本は買っている。しかし、以前にも増してそれを読んでいない。多少環境が変わって精神的になんやかやだったとか、ほぼ毎週末誘ってくる友人に連れられて朝まで飲む回数が増え、その結果本を読む気になれない休日…

熱いうちに打つ

会社の先輩に誘われてミュージカル『グランドホテル』を観てきた(お誘いいただきありがとうございました)。 僕はこれまでに数えるほどしかミュージカルを観たことがないので決して良き観客ではないし、語る言葉もないのだけれども男爵はとてもよかったと思…

ぼくは文章が書けない

なりゆきで文章を書くことになったがそもそも僕はあまり文章を書くのが得意ではない。 なにか文章を書こうとすると①何を書いたらいいのかと途方に暮れ、②どう書けばいいのかで行き詰ってしまう。 思えばこうした症状が出始めたのは大学生の頃からで、当時の…

開設宣言

なりゆきで再びブログを始めようと思います。 何を書くのか。 いつ書くのか。 文体。 全て未定。 とりあえずどちらかが飽きるまで。 では。また後ほど。