読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高等遊民

最近文庫化された石原千秋の『漱石入門』(河出文庫)を読んだ。紹介文曰く「六つのテーマ―「次男坊」「長男」「主婦」「自我」「神経衰弱」「セクシュアリティー」―」で漱石の小説を読み解いた本で、この本は初めて読んだのだが、長年の石原千秋の愛読者ならば彼の他の本のどこかで読んだような話で新鮮味は少なかった。とはいえそれなりに楽しく読んだのも事実だけれど。

漱石本を読んだせいか久しぶりに夏目漱石を読みたくなって、未読で積読だった『行人』を読み始めた。三分の一ほど読んだがまぁ面白いこと。なにが面白いのと訊かれると困るのだけれど、とりあえず僕は漱石の文章が好きだし、小説技術として巧いなぁと思うし、彼の小説に出てくる登場人物がうだうだと悩んだりするのが好きなのである。

 

漱石の小説ではしばしば『それから』の代助のように「高等遊民」が描かれる。それなりに高い学を修めながらも家のスネをかじり、働く必要性のない彼らは、文化を楽しみ、細かなことに悩み、ゆらゆらと日々を過ごしているわけである。

昔からなりたいものがない僕だったが、最近はこの高等遊民になりたくて、思えば大学生の頃から言っている。ゼミでもそのようなことを言っていたら先生から「それってニートじゃん」と言われた。なるほど確かに今ならニートということになるのだが、なんとなく違うのである。根幹は「働きたくない」なのだろうが、「働く必要性がなく」、「趣味に明けくれ」、「働いていると気にかけれないような細かなことにうだうだと悩む」その生活に憧れるのである。

大学生の頃はわりかし高等遊民的な生活を送っていて、いろいろなことを考えていたが、社会人になってからはどんどん即物的になっている。

この前友人に「とびんくんは『転向した』」と言われてしまったが、確かに最近の僕は本を読んでるより声優のラジオを聴いてる時間の方が多い気がするし、昔は思想書とかを読んで少しは高尚なことを考えていた気がするが、最近は声優とおっぱい(疲れているのです)と浪費と貯金のことしか考えていない。

高校の先生に「お金を稼ぐことは精神の自立につながる」と言われて、まさしくなどと思う一方で、やはりもっと(たいして負っていないはずの)責任から逃れて学生の頃のようによく分からないことを考えたいと思うのである。

 

最近見つけた石原千秋の記事を貼っておきます。

夏目漱石はなんでこんなに女の人の怖いところがわかるんだろう?(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(2/2)

 

出不精談義

先日、とある文章を読んでいて「出不精」という言葉に出会った。

そもそも僕が「出不精」という言葉に初めて出会ったのは小学生の頃で、ELT持田香織がとある歌番組で「ワタシデブショウデ~」と言っているのを耳にし、「この人はテレビで何を言っているんだ」と思ったことを記憶している。とはいえよくよくトークの中身を聴いていると、どうやら「デブショウ」というのは「あまり外出しない=家から出ない」という意味の言葉らしく、そこでようやく「デブショウ」という音が「出不精」という漢字に変換された。

小学生の頃はぽっちゃりしてたので意味が違うとわかっていても音の響きから「僕出不精で~」などとは恥ずかしくて言えなかったし、そもそもが今とは違い活発な子どもだったので自分のことを引きこもりと表現することもなかった。しかし、中学生の頃から競馬を始めたことにより土日もあまり遊びに行かなくなり、高校生の頃からは本もよく読むようになったので家から出ることが少なくなった。部活をすることでぽっちゃりしていた身体も少しは痩せたのであまり自分の体型を恥ずかしく思うこともなくなり、今となっては普通に「僕(自分)出不精なので」という表現を使う。

 

自分が「出不精」であるということに自覚はあるし、人を遊びに誘うことも少ない(例外的に二人自分から誘う友人は居るが)ので、誰かからお誘いがあった時は出来るだけ前向きに検討することにしている。というか基本的に予定が空いているのとなんだかんだ誘われると嬉しいのでたいていはお誘いについて行く。

そんな僕なのだがここ二週間くらいはとあるお誘いに悩まされていて、それは今は没交渉な幼馴染(女)からの結婚式の二次会のお誘いだった。

親同士の仲が良かったので小学校に入る前からの付き合いで、確かに小さい頃なんかは兄弟のように一緒に居た記憶がある。しかし、それも小学生の頃までで、中学生の頃からは少しずつ疎遠になり、高校からは別の進路だったのでほとんど会うこともなかった。ちなみにこれを書いている今現在、最後に会ったのは去年の三月とかである。加えて高校から「文学」をこじらせ暗黒面に落ちた僕は、価値観とかも変わっているので小学生の頃の僕のイメージが強いその子と会ってもなんとなく気まずいだけなのである。

そんなわけで二次会のお誘いが来た時も、「なんで?」という思いと「古い付き合いだから仕方がない」という思いがあったわけだが、お誘いの文面を読んでいると「開催地は大阪」となっていて、もはや「めんどくさい」という思いと「少しは今の関係性を考えて誘ってくれ」という苛立ちに近い思いがここ二週間くらいずっと頭の隅にあり、どこかの劇作家の言葉ではないが「行くべきか断るべきか、それが問題だ」状態だったわけである。(もちろん現在進行形で交流があれば大阪でもむしろ東京でも全然かまわないのだが、今僕たち没交渉じゃん…。)

ちょうどその週に東京で観たいイベントがあるのでそれを理由に断ることも出来たが、そのイベントを観る+お断りの理由に遠征費6万を払うのも躊躇われ、結局二次会に「出席」するという返事を締め切りであった今日の夕方にした。そしてそれ以降ずっとテンションが低い。

 

本当は先週の土曜日に観に行った『君の名は。』観劇記でも書こうかと思っていたが、ついつい愚痴愚痴した文章を書いてしまった。でも今年の春からとある理由で愚痴る相手を失ってしまった僕なのでご容赦いただきたい。

ところで時期を逃したので書くことのないだろう『君の名は。』の感想であるが、ちょっとだけ記すと、客観的にみて良くできた作品であるしヒットするのも納得なのだが、僕個人のツボにハマる作品ではなかったことと、地元の映画館で観たのだが、劇場内が中高生とカップルによって甘酸っぱいにおいがし、観る前から気分が落ちていったことと、劇中で流れるラッドなんちゃらの曲がとにかくうるさかったということを申し添えておく。あの音楽がなかったらもう少しは感動できたのかな…。

やれやれ。

昔話

先日高校の頃の先生と食事に行ってきた。卒業後もだいたい春休みと夏休みに食事会をしているのでかれこれ10年の付き合いになる。

担任ではないが3年間僕の現代文を担当した彼女は、僕の人生に大きな影響を与えた人で、僕が本を読むのも、たまによくわからない映画を観たりするのも、柄にもなくついつい高いブランドの服を買ってしまうのも全て彼女によるものである。

たまに先生と出会わなければまったく別様の人生を送っていて、そちらの方が楽しかったのではないかと考えてしまうこともある。そういうことを考えてしまうくらいには僕の人生というか価値観に影響を与えているのだ。

 

僕が通っていた高校は規律に厳しい高校で、女の子のスカートは女子高生にあるまじき長さだし、男は男で「髪が耳にかかってはいけない」という校則があった。多かれ少なかれ学校空間というものは軍隊と似ているものだけれどもあそこはかなりひどかったと今でも思う。

僕は髪は長い方が好きだし、そもそも耳に髪がかかってはいけないというのが納得できなかった。さすがにメタルバンドみたいな長髪だったら他人に見苦しい印象を与えるかもしれないが、少し髪が耳にかかるくらいよいではないか!

とはいえいくら理不尽に感じようとルールはルールであり、僕は毎月の身だしなみ検査にひっかかり続け、結局卒業まで一発でその検査に受かることはなかった。しかし、周りの生徒の大半は検査に合わせて髪を切り見事検査を合格していった。僕はその従順な感じが受け入れられなくてなんとなく疎外感というかズレみたいなものを感じるようになった。

また、僕の母校は一応は進学実績を売りにしている高校だったので、一年生の頃から朝補習と土曜補習があった。一応は自由参加なのだが大半の生徒が参加した。僕はその知的好奇心からではなくなんとなくいい大学に入るために受験勉強する感じと、先生に言われてというか周りに合わせて参加する感じがイヤで、いよいよ受験生となり必要を感じた三年生まで(強制でない限り)そういった補習には参加しなかった。

そんなわけでもちろん仲のいい子もいたが、基本的には学校の雰囲気に馴染めず、けっこうやさぐれた高校生活を送っていた。そんな中、この先生は僕のそういった状況を理解してくれて、校則についての僕の言い分やいろんな愚痴にも耳を傾けてくれた。今でも苦笑しながら「なんでこんな高校に来ちゃったの」と言ってくれたのを思い出す。

楽しいことの少なかった高校生活において先生との会話は、数少ない楽しい思い出で愉快な刺激だった。よく会話の中で「どびんは〇〇を読むといい」と言って僕が知らない作家を薦めてくれた。僕が小説とか評論や思想書を読むようになったのは、もちろん好みにあったからということもあるが、なにより先生と同じレベルで話がしたい思ったからである。

 

そういえば僕はこの先生に二回泣かされていることを、ふと思い出した。

一度目は高校三年生の頃で、それまで何気なく解けていて、それなりに高得点をとっていた現代文が急に解けなくなり、なかでも選択問題などは悲惨なもので、どの選択肢を読んでも正解がないように感じてしまうようになった。高校三年という大事な時期に僕の現代文の成績はみるみるうちに下降していった。しかし、それまではなにげなく解けていたものだから、なにが悪いのかもわからず、どんどんドツボにハマっていき成績も精神的にも追い込まれていった。

そんなある日、終業後に学校で勉強しているとすたすたと先生がやってきて、「(現代文)どうした?」と声をかけてくれた。そりゃ現代文の担当なので教え子の成績の心配をするのは当たり前のことだったのだろうが、とにかく僕のそういった状況を気にかけてれて声をかけてくれたことにずいぶんと救われた。そこからは受験国語の不満や選択肢がないと感じることを愚痴り、先生のお薦めの参考書(それが石原千秋との出会いでもあった)を教えてもらった。

それを機に受験国語の現代文で求められているのは、所詮読解力ではなく消去法で答えを見つける間違い探しだと思うようになったことで成績は少しずつ回復していった。

二度目は大学に入学して一週間ほどが経った頃で、大学から帰ると先生から手紙が届いていた。その頃の僕は決してレベルの低くない大学に入ったにも関わらず、誰も文学などを読んでいないことに失望していた。

先生からの手紙はなんてことなくて、ただ入学のお祝いの言葉と有意義な大学生活をといったことが書いてあっただけだと思う。それでも気にかけてくれていることが嬉しくて、それに結局僕の中にあるマイナー性みたいなものを理解してくれるのはこの人しかいないと思えてきて泣けてしまった。

 

あの頃から数年経って、色々と相対化できてきて、先生にはずいぶんと迷惑もかけたし恥ずかしい発言もしたなと思う。それでも先生に対する気持ちは変わらない。

彼女は僕の知的欲求の根源であり、指針である。

祭りのあと

どびんです。夏休みが終わりました。悲しいです。とほほ。

連休でも旅行に行かない僕(そもそも遠出するときは基本ライブ絡みなので連休はあまり関係ない)は、家でダラダラして寝るのは夜中、起きるのはお昼という昼夜逆転生活を送っておりました。

とはいえずっと家にいたわけでもなく連休三日目には友人と最近僕の中でブームとなっているテキーラを飲みに錦に繰り出しテキーラパーティーをしておりました。テキーラがいいのか体質が合うのか、テキーラを飲んでべろべろになっても次の日に残ることはないのですが、やはり度数の強いお酒、四日目の朝には若干喉に違和感を覚えておりました。とはいえ飲んだ次の日だしこんなものかと思い日中はガンガンにクーラーの効いた部屋でロベルト・ボラーニョの『第三帝国』(傑作!)を読み、夜は地元に帰ってきていた友人と三時間ほど喫茶店でお茶をしました。

お休み五日目。うむ。まだ喉が痛いと思いながらも「まぁ昨日三時間も喋っていたし」と思ってこの日もガンガンにクーラーの効いた部屋でロベルト・ボラーニョの『第三帝国』(再び傑作!)を読んでいました。

そしてお休み最終日。「うーむ。まだ喉に違和感が」と思いながらも前日よりかはましになっているしと思い、本を読んだり、声優のラジオを聴いて精神を整えたりして一日を過ごしました。しかし、さぁ寝ようと思っても昼夜逆転生活のせいで眠れない。そして一度眠れないと思ってしまうと眠れないスパイラルに入り込んでしまって、ついにウトウトしたようなしてないような状態で朝を迎え出社することに…。

出勤日初日。圧倒的睡眠不足+クーラーの風に襲われていたせいか喉も痛いがなんか胃の調子も悪くなった気が…。

出勤日二日目。体調はそれほど改善せず。夜は地元の友達に人数合わせのため急遽誘われた合コン的ななにかへ。しかも僕の友人の職場の先輩(初対面)、その先輩の友人(僕も友人も初対面)、友人、僕というなんともアウェイな面子。そして僕が持ち合わせている話題というか趣味なんて「純文学」、「アニメ」、「競馬」、「METAL」とマイナーなものばかり。こりゃもうアルコールの助けを借りるしかないなと思い終始飲んでおりました。飲み会自体は合コン慣れした友人の先輩のおかげでそれなりに盛り上がりましたが、LINEをやっていない僕は結局飲んで帰っただけでした。

出勤日三日目。出社して挨拶をしようとすると「あれ?声が出ない」。そう声が出なかったんです。一応かすれ気味で出はするのですが、すぐに裏返るしなにより出してる僕自身が辛い。幸いそんなに人と話す仕事ではないので業務上はなんとかなったのですが、その日は職場の趣味の合う友人との飲み会。さすがにお酒は自重しましたがそれぞれの自分の嫁(あ、二次元のキャラですよ)について熱く語り、勢いでカラオケへ。さすがに歌うつもりはなかったのですが、一滴も飲んでないのにテンションが上がっちゃってSMAPの『君色思い』を熱唱(歌いだしが中居くん。ガラガラ声の僕からの中居くんへのオマージュ)。

結果帰宅する頃にはもうささやき声でしか声は出ず、今朝起きても変わらず喉は痛い。

幸い今週末は飲み会等の用事はないのでしっかり静養したいと思います。とほほ。

夏である。

暑い。まったくもって夏である。

夏は、昔はあまり好きな季節ではなかったが、ここ数年は毎年BBQに誘っていただいて夏らしいことをして楽しいし、飲み会の帰りに涼みながら街を歩くのはなんとも心地よくて夏がわりと好きになった。

とはいえ夏が好きになった一番の理由はおそらく2013年にSummer SonicMETALLICAを観たからで、KISS、SLAYER、MEGADETHJUDAS PRIESTといろいろとライブを観てきているがあのライブは僕の人生の中で最高のライブだった。野外という解放感とMETALLICAの演奏はまさしく純度100%のHEAVY METALで最高だった。

 

あの2013年のSummer Sonicの夏も連日「酷暑」と報道されるほどの暑さで、確かにサマソニには計3回行っているがあの年が一番暑かったと思う。物販を終えて12時からひやかしでPerfumeを観てMCの可愛さにヤラれ、一番暑くなる13時から1時間どっぷりとマキシマムザホルモンのこってりしたライブを楽しみ、一応メタラーとしてBULLET FOR MY VALENTINEを観終わった頃にはへろへろで、今から考えるとあの時僕は熱中症だったような気がする。そもそもマキシマムザホルモン待機中、うなじにあたる日差しが痛いと思ったのは先にも後にもあの時だけだ。

酷暑の中、三時間ほど野外にいたのでこりゃMETALLICAまで持たんと思い屋内ステージに逃げ込み、うとうとしながら体力を回復させ19時からのMETALLICAへ行ったものの開演後30分ほどで圧倒的に喉が渇き近くで観ていた女の子がぶらさげている飲みかけのペットボトルを売ってくれと頼みそうになり、あやうく変態紳士になるところだった(結局帰りの駅まで耐えて補給したがその後も喉が渇いてホテルでもかなり水分を摂った。やっぱり熱中症だったんだと思う。)。

そんな環境下の中で観たMETALLICAだったのだが歴代の名曲を惜しみなくやったセットリストとビックバンドたる由縁を見せつけるようなライブパフォーマンスは圧巻で野外の解放感もありまさしく最高で忘れられないライブとなった。

屋内フェスのラウパにも何回か行っていて、屋内は天気の心配もなく快適ではあるがあの野外フェス特有の解放感はなにものにも代えがたい魅力がある。クリマンさんにはさっさとまたMETALLICAかIRON MAIDENかガンズあたりをヘッドライナーで呼んでいただきたいものだ。

 

そうえいばこの年のサマソニにはもう一つ忘れられないエピソードがあって、難波からアーバンライナーで帰り、名古屋に着いて改札を抜けようとすると近くに居た40歳くらいの夫婦の旦那さんのTシャツにレミー・キルミスターがプリントされていて、同じくMETALのTシャツ着ていた僕が自然とメロイックサイン(METALのライブでよくやるピースサインみたいなもの)をしたら向こうもしてくれてその隣で奥さんが苦笑していたのが忘れられない。去年レミーが亡くなった時に思い浮かんだのはあのおじさんだった。

さらしあげ

みなさーんいたずらごころワクワクしてますかー。いたずら黒うさぎどびんです。

田村ゆかりの新しい所属レーベルも決まり、ファンクラブイベントの開催も決定しいよいよゆかりん再始動ですね!


さてさて最近はやたら疲れたので今回の更新は僕の本棚さらしでお茶を濁したいと思います。。。

ちなみに二段収納してるので背表紙の奥にも本があります。

そして読んでない本が多い…。ではでは。


f:id:Dobin666gengen:20160730184221j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730184031j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730183931j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730183631j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730175631j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730175653j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730175713j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730175734j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730184109j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730175911j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730184239j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730184258j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730184325j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730184344j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730184430j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730184449j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730184506j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730184523j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730184126j:plainf:id:Dobin666gengen:20160730214425j:plain

世界一可愛いよ!

クレヨンしんちゃん』は昔から好きで、アニメも観ていたしコミックもいつかのお年玉で当時出ている分を大人買いしたし、映画はテレビで放送されたら録画して何度も何度も観た。僕の年代的なことも相まって初期から名作と誉れ高い『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』までの作品が無類なく好きで、一時期暗黒期(ムトウユージ監督期)とも言えるほど酷い作品の時代があったのだが、製作陣もさすがにまずいと思ったのか最近のはまぁまぁに面白い。

初期から『アッパレ!戦国大合戦』までの作品は、ほんとうにもう無条件で好きなのだが、中でも7作目にあたる『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』はいろいろと思い出深い作品である。『温泉わくわく大決戦』には「指宿」というキャラが出ているのだが、僕はこのキャラの造形もさることながら声がとても好きだったのだ。しかし、当時小学生だった僕はエンドロールでその声優名を確認することもなく(そもそもエンドロールは飛ばすものだと思っていた)、当然Wikipediaで調べるわけもないので結局ずっと声優さんが誰か知らずにいた。

 

それから数年が経った大学一年の夏休み。夜更かししていたらたまたま出会った『ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~』でのルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールの途方もないキュートさにやられ、深夜アニメの沼にハマり込み、オタ知識を増やしていく中で「田村ゆかり」という存在に出会うことになる。

ゆかりんを知ったきっかけは当時動画サイトを巡回しているときに『You&Me』のライブ映像にたどりつき、その映像では本来motsuさんという人が歌っているラップ部分を王国民(ゆかりんファンの愛称)が歌っているのを観て「なんじゃコレ!」となり、その流れで『fancy baby doll』の「世界一可愛いよ」コールなどを観てどっぷりその魅力にあてられてしまったのである。

特に『fancy baby doll』のコールは最高で、

二番サビ

ゆかりん「〜♫〜」

王国民「世界一可愛いよー!」

ゆかりん「ほんとに〜」

王国民「フー!!」

ラストサビ

ゆかりん「〜♫〜」

王国民「世界一可愛いよー!」

ゆかりん「どうもありがとう♡」

王国民「フー!!!」

のとこが本当に好き(特に「どうもありがとう♡」のとこ)で、去年行ったライブでついにコールに参加出来て夢が叶った。

ゆかりんにメロメロになって調べて知ったのだが、前述の「指宿」の中の人は実はゆかりんだったみたいで、僕がゆかりんを好きなのはもはや本能レベルで、運命さえ感じちゃう。ちなみに「指宿」の次に声ありきでいいなと思ったのは『ぴたテン』というアニメの「美紗」というキャラで実はこれも声優はゆかりんだったのである。そして髪がピンク色でこれはルイズにも通ずる(なおルイズたんの声優は釘宮理恵)。

 

というわけで、僕はゆかりんがどうしようもなく好きで、好きだからこそ、ここ1~2年の鬱ツイートや「あー、なにか内々で揉めてるんだろうなー」という発言にはやきもきしていた。結果的にキングレコードとの契約が切れ、ラジオも終わり歌手活動も未だどうなるかわからない状況だけど、いつかまたゆかりんのライブに参加できることを夢にこれからも応援していきたいと思う。年のせいかここ数年ですっかり涙もろくなった僕は、きっとその時は開演から号泣なんだろうな。

いろいろ貼りたい動画はあるけれど公式を貼っておきます。

www.youtube.com